乳幼児期の発達障害

子供の発達はかなり個人差があります。 しかし、「ただ発達が遅いだけ」と放っておいては、発達障害に気付かず、適切なサポートができない場合もあります。
「どうしてできないの?」と叱ることで子供を傷つけてしまうこともあるので、早期発見が必要です。
※発達障害にはさまざまな症状があり、ここで紹介する症状だけではないのでご注意ください。

0~2歳児(乳児期)の発達障害の特徴

photo_005

発達障害のライフステージごとの特徴を確認することが必要です。過敏になってしまい、安易に発達障害だと決め付けてしまうことは良くありませんが、早期発見はとても重要です。

<主な特徴>

 ○視線が合わない
声を掛けても、視線をあわせようとしません。また、歩けるようになると、ウロウロしながら横目で見たりもします。

 ○抱っこしにくい
抱っこをすると、後ろへのけぞってしまったりします。また、触られることを嫌がったりすることもあります。

 ○指差しをしない
しっかり言葉で伝えられるようになるまでは、指をさして要求を伝えることがほとんどですが、指差しをせず、
手や腕をつかんで(物を取らせようとするなど)何かをさせようとします。(クレーン現象)

 ○1人でよく遊ぶ
単に「手がかからない」と感じる親御さんも多いです。

 ○偏食
こだわりの一つであり、決まったものしか食べてくれません。

 ○言葉の発達が遅い
声を掛けても、言葉に反応を示さないが言葉以外の音に反応する場合や、言葉を理解しているけれど
発語がうまくできない場合があります。

 ○歩くのが遅い
一般的には1歳前後から歩けるようになりますが、歩けるようになるのが遅かったり、歩けるようになっても
ぎこちない場合があります。

 ○人見知りがない
人見知りや後追いがみられるような時期になっても見られず、親以外の人でも親と同じような対応をするため、
人なつっこいイメージを持たれる場合もあります。

3~6歳児(幼児期)の発達障害の特徴

photo_006

発達障害と診断されるのは3歳以降が最も多く、特徴的な行動や発達の遅れが目立ち始める時期です。
この幼児期になると、検診などで指摘されるケースも少なくありません。

<主な特徴>

 ○偏食がひどい
こだわりの一つであり、同じ食べ物でも同じメーカーのものでなければ食べないというような、強いこだわりを
みせる場合もあります。

 ○言葉の発達が遅い
3歳を過ぎてもほとんど言葉が出なかったり、単語は言えるが会話が出来ないという場合があります。
また、言われた言葉をそのまま返す「オウム返し」もみられるケースが多いです。
3歳くらいまでは順調に言葉の発達をみせていたのに、急に何も話さなくなる場合もあります。

 ○こだわり
限られたものに強い興味を持ち、執着します。くるくる回るものに興味を示してミニカーなどをひっくり返して
タイヤを回して遊んだり、本をめくって動きをずっと見ていたりします。

 ○パニック
不安を感じたりした際に、泣き叫んだり、暴れたりします。床などに寝転がって激しく暴れることもあります。

 ○動き回る
目的もなくひたすら走り続けたり、とにかくじっとしていられないケースが多いです。

 ○チックの症状がある
チックの症状には、瞬き(回数がとても多い)・首振り・肩上げなどがあり、鼻鳴らしや咳払いなどの症状がある
音声チックもあります。